読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの備忘録

野球は横浜DeNAベイスターズ、千葉ロッテマリーンズ、トロントブルージェイズについてのことをメモ書き アニメ、声優についても色々 Twitter:@sumailu0

デクスター・ファウラーに高い需要がある5つの理由

トロントブルージェイズ MLB


f:id:sumailu0:20161128113426j:image

TORが興味を示しているデクスター・ファウラー。QOを拒否しCHCからFAとなりました。そんなファウラーに高い需要がある理由とは。そんな記事。

 

より

 

Fowler will turn 31 in March and is hitting the free-agent market at the peak of his value potential. That means Chicago will likely have to pay much more to keep Fowler than last offseason, when the center fielder spurned a potential offer from the Orioles at the last minute to sign a one-year contract with the Cubs at a hometown discount.

ファウラーは3月で31歳になり、彼の価値のピークとなった時期にFAになる。それは昨年のオフ、BALからのオファーを断りスプリングトレーニングギリギリの2/25にホームタウン・ディスカウントでカブスと1年800万㌦を結んだ時よりも、ファウラーを残留させるためには多くのお金を払う必要がありそうだ、ということを意味する。

ホームタウン・ディスカウントってなんなんだろう、うまい訳が思い付かなくてそのまま書いてしまった。

 

さてそんな5つの理由とは

  1. リードオフマンとしての能力
  2. 数字のランク
  3. トップクラスの忍耐強さ
  4. 速球への強さ
  5. クアーズの影響はない

 

さて1から

 No leadoff hitter was as adept as Fowler at setting the table last year. His .393 on-base percentage was best among Major League hitters with at least 500 plate appearances atop the lineup, as were his 79 walks. 

今年ファウラーほど「お膳立て」が上手い1番打者はいなかった。ファウラーの出塁率は.393で500打席以上1番に立った選手の中ではベストだ。四球数は79。BB%は14%です。

 

 Fowler's 2016 performance wasn't a fluke, either, as his cumulative 176 walks from the leadoff spot over the last three seasons ranks second in baseball behind the Cardinals' Matt Carpenter, and his .367 cumulative OBP over that time ranks third behind Carpenter and the Astros' Jose Altuve -- some pretty good company to keep.

 ファウラーの2016年のパフォーマンスはまぐれではない。ここ3年のリードオフマンとしての合計四球数176はSTLのマット・カーペンターに次ぐ2番目。そして同じくここ3年の平均出塁率はカーペンターとHOUのホセ・アルトゥーベに次ぐ3番目である。

こんないい選手だったんですね。正直知らなかった……

 

2

 Fowler's .393 OBP ranked sixth in the National League last season, but his .447 slugging percentage also showed he could do more than draw walks and hit singles. Fowler is one of only 18 players to post a season with at least a .390 OBP and a .440 slugging percentage over the last three years. 

 ファウラーの出塁率.393はナ・リーグ6番目だが、長打率.447というのは「四球を選び 単打を打つ」だけではないということを示す。ファウラーはまたここ3年間、出塁率.390と長打率.440を記録した18人の選手の一人である。

トラウトとかカブレラとかでしょうか?強打者!ってわけではないはずですがこれはすごいかも

 

 Fowler's skill set becomes even more exclusive when you factor in the 13 steals he collected in 2016; making him one of eight players to pair those on-base and slugging benchmarks with double-digit stolen bases.

 今年の13盗塁に目を向けると、さらに該当者は狭まる。先の出塁率長打率に加えて二桁盗塁となると8人しかいない。

これこそトラウトとかでしょう。あとはアルトゥーベとか?

 

3

He chased only 28 percent of pitches outside the strike zone in two-strike counts last season, according to Inside Edge, the second-lowest rate of all qualified hitters in baseball.

ファウラーは2ストライクの時外角のストライクの28%を振りにいったが、これはインサイド・エッジによると規定到達した打者の中で2番目である。

これ1番誰なんだろう?と思ってHPに行ったら見方がわからず断念

 

Fowler was particularly persistent against right-handers, seeing an average of 4.48 pitchers per plate appearance against them -- the third-highest rate in MLB. Both of those figures explain why Fowler posted a career-high 14.3 percent walk rate, tying Carpenter for sixth-best in the NL.

さらにファウラーは右投手に対し平均で4.48球を投げさせている。これは3番目

この二つの数字が、ナ・リーグでカーペンターとタイである6番目のBB%14.3を説明している。これはキャリアハイ

 

4

In an era in which pitchers are throwing harder than ever before, Fowler proved to be a master of velocity last year. Fowler's .417 batting average on all fastballs with a velocity of at least 94 mph was best among all Major League qualified hitters, according to Statcast™. 

これまでより投手の能力が向上した時代で、ファウラーは速球に強いということを証明した。あのスタットキャストによると、94マイル以上の速球に対する打率.417というのは規定到達した打者の中で一番いい。

これは意外

 

And his .607 slugging percentage against those pitches ranked sixth among NL batters. Fowler has posted a .300-plus batting averages on balls in play (BABIP) on 94-plus mph fastballs in each of the past two seasons.

そして94マイル以上の速球に対する長打率.607というのはナ・リーグで6番目。

ここ2年間で94マイル以上の速球に対するBABIPは.300ちょっとらしい。ってことは運ではないということでしょうか。

 

最後5

Fowler first made a name for himself playing home games in Coors Field, whose thin mountain air makes it the friendliest park for hitters. Since he was traded to Houston before the 2014 season, however, Fowler's offensive numbers have almost remained the same.

ファウラーはデビュー時はクアーズフィールドを持つCOLでプレーしていた。クアーズというのは空気が薄い高い山にあり、大変打者有利とされている球場。

しかし彼がHOUにトレードされてから、ほとんど数字は変わっていない。

クアーズから「下山」すると成績が落ちるなんて言われています。トゥロウィツキーも少々苦戦していたような?

 

Fowler slashed .271/.367/.427 with an average of eight home runs and 24 doubles per year in his first five full seasons in Colorado from 2009-13. Over the last three seasons between Houston and Chicago, Fowler has slashed .266/.369/.419, and actually seen his power tick up slightly to an average of 13 homers and 25 doubles per season.

2009-13、COLでプレーしていた時の平均スラッシュラインは.271/.367/.427 平均本塁打二塁打はそれぞれ8本塁打と24二塁打

COLからHOUそしてCHCの一員として戦った3年間の平均スラッシュラインは.266/.369./.419 平均本塁打二塁打はそれぞれ13本塁打25二塁打である。むしろ成績向上してるようにも見えますね。

しかしMLBの公式にいじられるクアーズ……NPB公式がハマスタをいじるようなもんでしょうか まあ相当なんでしょうね

 

TORはデクスター・ファウラーに興味を示しているようです。前の記事で「補充指名権利を複数持つと選択肢が広がる」みたいなのがありましたが、ファウラーを取るとドラフト1位指名権利を失います。ただもしもエンカーナシオンとバティスタが他球団と契約したら2つ権利を得ます。これがどう影響するか、TORはどう動くか、楽しみです