読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの備忘録

野球は横浜DeNAベイスターズ、千葉ロッテマリーンズ、トロントブルージェイズについてのことをメモ書き アニメ、声優についても色々 Twitter:@sumailu0

トロイ・トゥロウィツキーの想い


f:id:sumailu0:20170326232006j:image

 

最近全く更新して無くてすみません。ボチボチ更新再開したいと思いますのでよろしくお願いします。

再開第1号はトロイ・トゥロウィツキーについての記事です。トゥロが感じてる事とか目標とか、そんなことについての取材の記事となっています。


Tulowitzki’s big-league dream comes full circle with Blue Jays: Griffin | Toronto Star

 

“I’ll sit here after the game if these guys want to talk to me, hours upon hours. I’ll answer any question, give them any knowledge that I’ve had in this game — because it’s what I love doing,” the 32-year-old said. “Whether it be in the clubhouse or on the back fields or during a game, I’m always trying to better myself and better my teammates.”

「試合後、僕と話したい選手がいたらここに座って何時間も話すんだ。どんな質問にも答えるし、僕が経験してきた全ての知識を教えてる。それが僕のやりたいことだからね。」

「クラブハウスでも球場でも試合中でも、僕は常に自分自身を良くし、チームメイトも良くしようと心がけている。」

 

There was a time not too long ago when Tulowitzki was considered the top young shortstop in the game — a fantasy beast, a big man who combined the power of Cal Ripken with the grace and defensive skills of Omar Vizquel.

Ten years later, after moving from the Rockies to the Jays, he can look around MLB and tip his hat to a new generation of young stars at his position, players like Carlos Correa, Corey Seager, Francisco Lindor, Xander Bogaerts, Addison Russell and others. Include the man who replaced him in Colorado, Trevor Story.

長いので要約しつつ書きます。

トゥロウィツキーは若い頃MLBでもtopクラスの若いショートと見られていて、カル・リプケンのパワーとオマー・ビスケルの守備を持った選手になれると期待もされてました。

それから10年、トゥロウィツキーロッキーズからジェイズへ移った後、MLBは若い世代のショートがどんどん出てきました。それはカルロス・コレア、コーリー・シーガー、フランシスコ・リンドーア、ザンダー・ボガーツ、アディソン・ラッセル、そしてロッキーズの次の遊撃手トレバー・ストーリーなどかなり出てきています。

 

“I love it,” Tulowitzki admitted. “Because when I first came up, Nomar (Garciaparra), Derek (Jeter) and Alex (Rodriguez), all those guys, I was the young guy and they would have to answer questions about me, and I’d have to talk about how they were my role models and how I had posters of them in my room.

「良いことだ。」とトゥロウィツキーは感じている様子。

「というのも僕が初めてMLBに上がってきたとき、ノマー・ガルシアパーラデレク・ジーターアレックス・ロドリゲスといった選手たちがいて、僕は当時若手で彼らは僕についての質問に答えなければならなかっただろう。そして僕はどのように彼らを自分のロールモデルにしてるか、どのように彼らのポスターを手に入れたのかについて話す必要があるかもね。」

 

“Now I’m on the other end. I talk to Correa, I talk to Lindor, guys like that, and they say, ‘Man, when I was young I watched you play.’ It comes full circle, but that’s what makes this game neat. You want to see those guys do well. I love the position. I try to help those guys as much as I can prepare for the long haul of numerous seasons. It’s really what I love doing.”

「今自分は逆の立場になっている。僕はコレアやリンドーアといった選手と話し、彼らは『小さいとき、あなたのプレーを見てたよ』って言うんだ。完全な循環となっているけど、それが野球を作るんだ。皆、そういった選手たちが活躍するのを見たい。僕はこのポジションが好きだ。僕は長いシーズンの道のりで準備できる限りそういった選手を助けようとする。それはまさに僕がしたいことだ。」

 

“All those infielders coming up, you hear about how this guy’s a prospect, this and that. I’ve never been the guy to sit there and hide knowledge. I want them to have all the knowledge that I have. I’m not scared of it. I’ve seen other guys (say), ‘I’m not going to tell this guy too much, because he’s here to take my job.’ I’m not worried about that. I want to get these guys better.”

「若い選手が出てきて、どのようにこの男はプロスペクトになったのかとか色々聞く。僕はただ座って、知識を隠すなんてことはしない。僕は若い選手に持っている全ての知識をあげたいと思う。僕はそれを恐ろしいこととは思ってない。『俺はこの選手に教えすぎる気はない、なぜなら俺の仕事を取るためにここにいるからだ。』と言う人もいる。僕はそれについて心配してない。僕は若い選手を良い選手にしたいと思ってる。」

 

そしてトゥロウィツキーは「ショートで現役を終える」というとても大きな個人的な目標をたて、モチベーションを上げ続けると語っています。

 

“I’m trying to do something that no one has ever done,” he said. “That’s to be as big as I am (six-foot-three, 205 pounds) and continually playing shortstop at the highest level. It’s fun, and I challenge myself every single day to keep this thing going. It’s something I take pride in, and hopefully for my entire career I’ll be at that position.

“You’re always trying to better yourself. Getting with our great training staff that we have here has been beneficial for me. My body feels great, but bottom line is that playing shortstop is a demanding position, especially as you get older.”

「僕は誰も成し遂げられなかったことをしようとしている。」

「高いレベルでショートを守り続けるのは、(192cm、93kgの)僕と同じくらい大きいだろうね。でも楽しいし、毎日守り続けることに挑戦している。それは僕が誇りに思っていることだし、キャリア通してショートにいれたらいいね。」

「常に自分自身を良くしようとしている。我々の素晴らしいトレーニングスタッフは僕にとって有益なことでいる。僕自身いい状態だけど、特に年を取るにつれてショートというのは難しいポジションであるのも事実だ。」

 

と色々なことを語ってる記事でした。

以前トゥロウィツキーに刺激を受けるトラビスの記事を紹介しましたが、やはりこの実績抜群のベテランの存在はブルージェイズにはもちろん、他チームのショートにも影響を及ぼしているんですね。自分のことを惜しみ無く他の選手に語るその姿勢は素晴らしいことだと思います。去年序盤不調だったり怪我したりだったトゥロウィツキー、今年は一年健康にそして素晴らしい成績を残すことを期待してます。