読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの備忘録

野球は横浜DeNAベイスターズ、千葉ロッテマリーンズ、トロントブルージェイズについてのことをメモ書き アニメ、声優についても色々 Twitter:@sumailu0

エンカーナシオンには様々なオファー、TORは1億ドルを!?

MLB トロントブルージェイズ

エンカーナシオンはCLEとオプションつきの3年6000万㌦で契約しました。オプションが使われれば4年8000万㌦、これはTORが当初オファーしていた金額と同等です。これならTORと契約してても同じじゃん……ってなってなんかこう微妙な心情になってる所に衝撃的なニュース通知が来ました。なんとTORはエンカーナシオンに1億ドル級のオファーをしていたとか……

先に書いたOAKのオファーなどと一緒に、エンカーナシオンの契約までの情報などを書いていこうと思います。

 

How Edwin Encarnacion's deal with the Cleveland Indians finally came togetherより

Encarnacion's agent, Paul Kinzer, told ESPN.com that the agreement came together quickly Thursday night, and that the Athletics and Texas Rangers were in the running to sign Encarnacion until the "last minute."

エンカーナシオンの代理人ポール・キンザー氏によると、アスレチックスとレンジャーズが契約締結まで争奪戦にいたそうです。

 

An MLB source said Oakland's proposed offer was for two years and $50 million. The deal included a first-year opt-out for Encarnacion and a third-year club option.

あるMLB関係者によると、OAKのオファーは2年5000万㌦。これはこれまで金額が出てきた中で一番年平均としては高いですね。

そして1年目終了後にオプトアウトの権利、3年目にはオプションがついているオファーだったとのこと。悪くないオファーです

 

Edwin turned down more money, and it came down to Cleveland being closer to home [in the Dominican Republic].

エンカーナシオンがそんなOAKのオファーを断り、CLEを選んだのは故郷のドミニカに近いからとのこと。

 

 Agent: Encarnacion turned down more money to sign with Indians - Article - TSNより

Encarnacion turned down a four-year, $80-million contract offer from the Blue Jays earlier in the off-season. Sources tell TSN Kinzer countered that offer by asking the Jays for $100 million over four years.

4年8000万㌦のオファーを断った。関係者によると、キンザー氏は4年1億㌦を求めたとのこと。てことは年平均2500万㌦ですね

 

Report: Blue Jays' offer to Encarnacion had potential to reach $100M http://www.thescore.com/news/1191469 (via http://thesco.re/theScore_app )より

これはインタビューの書き起こしです。

 In a Friday interview on "Tim & Sid," Sportsnet's Shi Davidi revealed that the Toronto Blue Jays' initial four-year, $80-million offer to the slugger had the potential to include a fifth-year option worth an additional $20 million.

Shi Davidi記者によると、4年8000万㌦のオファーには2000万㌦のオプションがあった可能性があると述べています。

 

エンカーナシオン契約成立までの大まかな流れを書くとたぶんこんな感じ

  1. TORが4年8000万㌦をオファー(5年目2000万㌦のオプション?)
  2. エンカーナシオン側、それを断る
  3. 代理人ポール・キンザー、4年1億㌦を要求?
  4. 進展はちょっと停滞
  5. CLE、TEX、OAKなどがプッシュ
  6. CLEと3年6000万㌦(4年目2000万㌦のオプション)で合意

うーん、TORの最初のオファーはいいと思うんですが……やっぱりこのオファーよりいいオファーを貰えると踏んだんですよね多分。なんというか……本当何とも言えません

エンカーナシオンがこのお値段で契約したことで他のパワーヒッターもだんだん動きが加速するでしょうね。ナポリ、カーター、トランボ、バティスタなどなど……

ちなみに余談ですがTwitterでPaul Kinzerで現地の人に結構叩かれています。「喋るのをなめるべきだ」とか「今後仕事はできるのだろうか」とか……まあその気持ちはわかります